読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
石井ゆかり@筋トレの週報です。
『星読み』もよろしく!

2017/5/15-5/21 全体の空模様

こんにちは、石井ゆかりです。
暑さでぼーっとしております。
参った。


今週の空模様ですね。
今週はまず、水星が16日、牡羊座から牡牛座に移動します。
この位置は逆行前、4月1日から21日までいたところで、
そのあたりに「始まりそうだったのに、止まった」ことがあれば
この16日を境にまた、走り出すかもしれません。
あの時には準備不足でできなかったことも
今ならちゃんとできるぞ!みたいな感じもあるかもしれません。
思えば1月頃から、牡羊座に星が集まってバタバタしていたのですが
ここへ来て、牡羊座には金星と天王星の二星になりました。
金星はあまり牡羊座的スピード感というか、戦闘モードには与さないので
「また少し落ち着いてきたな」
みたいな感じもあるのかなと思います。
火星とのミューチュアル・リセプションも解除されて
「もう少しゆっくり、じっくり行こうよ」
みたいな感覚が出てくるかもしれません。

今週は大物のアスペクトが2つあります。
17日に木星と海王星のインコンジャンクト、
19日に土星と天王星のトラインがピークを迎えます。
とはいえ、両方ともラストではなく
あとでもう一回ずつ、ピークが来ます。
木星も海王星も魚座の支配星で、
木星は「成長と拡大の星」「膨張の星」です。
天秤座はどちらかと言えばリクツの世界で
魚座はどちらかと言えばリクツじゃない世界ですが
この両者を、魚座的な力が橋渡しする、というのは
面白いなあと思います。
もとい、インコンジャンクトって
「コンジャンクトしない」
つまり、ぶっちゃけ「カンケイない」みたいなことで
いわば
「カンケイナイというカンケイ」
みたいなものなんですね。
カンケイナイのにカンケイがある、というのは
辛くないけどちょっと辛いラー油
みたいで
なんだかよくわからないような気もしますが
たとえば、
まったく、本当にちっとも、一切共通点のない間柄
って
結構うまく言ったりするような気がするんです。
共通点がないので、
「相手もこういうふうにしそうなのに、しない」
みたいな腹が立たないんですね。
非常に純粋なカンケイができあがるというか、
つながっている理由がないからこそ信用できる関わり
みたいなものが、世の中には、
ありうるんじゃないかという気がします。
そういう「カンケイナイ同士のカンケイ」が、
「だからこそ意味を持つ」みたいなことが
起こり得るのかなあ、と思います。

一方、土星と天王星ですが
これも
両方とも水瓶座の支配星です。
「両方ともこの星座の支配星同士のアスペクト」
っていうのが
韻を踏んでいて、面白いです。
この二星はバキバキのリクツ屋ですが
リクツには2つあって
リクツなんだからどこまでも現実的な答えしか出ないぞ、というタイプのリクツがある一方で
純粋にリクツに従ったら、とんでもない非現実的な出口に出ちゃう、みたいなリクツもあります。
前者が土星で、後者が天王星的な世界です。
前者が役所のリクツ、後者がSFのリクツ、みたいな感じでしょうか(どんなだ
でも、ときどき両者が合体したところで
月にロケットが飛んだりします。
今週の土星-天王星のアスペクトは
射手座-牡羊座と、とても挑戦的・冒険的な世界にできあがっています。
あり得ないようなことも、現実に起こりうる
ということが
このラインに示されているような気がします。
このトラインは、ドラゴンヘッドとグランドトラインになっていて
ここも、おもしろいところです。
ドラゴンヘッドには様々な解釈があって
私もこれが効いてるときは都度、色々考えるんですが
今回はテイルも面白いと思います。
土星と天王星が、水瓶座の支配星だからです。
本来は閉じているはずのシステムが
外側に開かれたり、逆に、外側からのメッセージを受け取ったり
という、
本来成立し得ないはずのコミュニケーションが成立する
みたいな機能がドラゴンヘッド-テイルにあるなら
過去の経緯、歴史、過去の出来事

今という時間に、意外なくらい大きなインパクトを与える
みたいなこともあるのかな
などと妄想しました。


今週はそんな感じです。

      • -

大ボリュームの占いコンテンツが読める『石井ゆかりの星読み』もよろしく!
http://star.cocoloni.jp/campaign.cgi?cpno=1300763876