読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
石井ゆかり@筋トレの週報です。
『星読み』もよろしく!

2017/5/29-6/4 全体の空模様

こんにちは、石井ゆかりです。
早くも来週の話で恐縮ですが
来週は水星・金星・火星がぽんぽんぽんと居場所を変えるので
今週は「これまでの流れの、最終局面」みたいになっています。
この3つの星で言えば、
普段は「火星が一番大物(ロングスパンを扱う)」わけですが
今回に限って言えば、
金星も水星も、それぞれ牡羊座・牡牛座で
うろちょろ長居をしていたので、
一番大きく見積もって2月ごろから今に至る流れが
来週を境に一段落する
と考えることができると思います。
ゆえに、その手前である今週は
「総まとめ、クライマックス、最後の山場、大団円」
みたいな、
終わりの手前だからこそすべて出てくる
みたいなイメージがうかぶわけです。
今年になってからここまで、という時間帯をまとめ上げる、仕上げる
といった感じですね。


さらに今週の「まとめ」「仕上げ」感は、
アスペクトにも表れています。
金星は天王星と重なりますし
火星は土星とオポジションを組んで
かなりハデな調停の形ができています。
星座の位置関係としてはずっと組まれていた形が、
今週で山場!それも、けっこう同時!
みたいな華やかさがあるのです。
火の星座と風の星座であり、星も鉄火なラインナップで、
けっして楚々として静かな感じではなく
あくまでがーんと音を立ててはじけ飛ぶような印象です。


牡羊座も、土星と火星の位置関係も、
「対決」を感じさせます。
金星と天王星の重なりにも
ある種の「開放」が感じ取れます。
思っているだけ・ためこんでいるだけの状態よりも
一度当たって砕けちゃったほうがスッキリする
みたいなことが思い浮かびます。
もとい、どんなに優れた方針でも、
その方針がふさわしいときもあれば、
ふさわしくないときもある
ということがあるんだろうと思いますが
そういう意味で、少なくとも今は
けっこう、「当たってみる」ということが
合っているのかもしれません。


今週はそんな感じです。


・・・・・・・・・・

毎日の占いはもちろん、
大ボリュームの占いコンテンツが読める『石井ゆかりの星読み』もよろしく!
http://star.cocoloni.jp/campaign.cgi?cpno=1300763876

2017/5/29-6/4 魚座の空模様

今手に入るものは、
貴方を自由にする力を持っています。
たとえば、
シンセサイザーを得た音楽家が
自分一人でいくつもの楽器を奏でるにも似たかたちで
音楽を作れるようになる
といった「自由」です。
そんな専門的なものでなくとも
私たちは洗濯機や冷蔵庫、ルンバに至るまで
「もの」から「自由」を得ることが
けっこう、あるものだと思います。


これまで何人も集まってやっていたことが
「その道具」があるおかげで一人で全部できてしまう
となったとき、
楽ちんになる、自由な時間が増える、という以上に
「そのすべてが自分の掌中に納まる」
という面白さがあるのではないでしょうか。
今まで一人でできなかったことを、
もう、一人でできる
という事態が、新しいアイデアやインスピレーションにつながるとしたら
それは単なる「便利さ」を超える面白さを含んでいます。

そういう意味で
「世界が自分のものになる」
ような「自由」を、
今週、何かを手に入れることによって味わえるかもしれません。

2017/5/29-6/4 水瓶座の空模様

「これこそが自分だ!」と
本来の自分を思い出し、
それをのびのびと解放できるような時間が訪れそうです。
「水を得た魚」という言葉がありますが
まさにそうした具合に
自分を外側に向かって「ひらく」ことができるでしょう。
自己表現、発信、対話、といった場所で
自分の中から睡蓮のつぼみがすうっと伸びてきて
外の世界に向かって花開くような感覚がわいてくるかもしれません。

そうしたことが可能になる「場」に恵まれるのかもしれませんし
すでにそうした場を得ていながらなかなか出てこなかった勇気が
ここでやっと、出てくるのかもしれません。
あるいは、
今までずっと疑っていたことを
あるきっかけを得て「信じられるようになる」ということなのかもしれません。

2017/5/29-6/4 山羊座の空模様

とても魅力的な訪問者が訪れるかもしれません。
単に愛らしいとか、楽しい存在、というだけでなく
自分でも不思議なくらい夢中になれるような、
いつのまにかその魅力の渦に巻き込まれてしまうような
そんな存在が、貴方の世界に
「参入」してくるかもしれません。


映画「E.T.」や、アメリカのテレビドラマシリーズ「アルフ」など
家の中に奇妙なものが住み着いてしまう
というファンタジーはおなじみです。
こうしたものたちの魅力というのは
姿かたちなど以上に「存在そのものの不思議さ」から
発散されているのかもしれません。
私たちの住処にも
たとえば座敷童や「まっくろくろすけ」のような
不思議なものが住んでいることがありますが(!)
今週、貴方は身近な場所に
心を強く惹きつけるような魅力的なものを見出し
それがきっかけで、生活が少々、
変わっていくのかもしれません。

2017/5/29-6/4 射手座の空模様

2011年ごろから
「ジェットコースターのような愛」
という表現を
射手座の占いで何度か、使ってきたと思います。
この表現を射手座の占いでしばしば用いることができるのも
2019年の春までだ
と思うと
妙にさびしい気もします。

今週は「ジェットコースターのような愛」、
それもとびきりスリリングで熱く、
きらめきの強い愛のタイミングとなっています。


「スリル」には、
それがどんなに楽しいアトラクションであり、
どんなに安全性が保障されていたとしても、
やはり、「真剣さ」が伴います。
もしかしたら本当に、生死のギリギリのところまで近づいているのかもしれない
というかすかな、でも真に切迫した疑いがなければ
スリルなど感じることはできないはずです。
本質的な意味で「気楽なスリル」というのは、ありえないのです。
一瞬でも、心の中の真剣さがあってこそ
スリルがスリルとして顕現するのだと思います。

そういう意味で、今週の
「ジェットコースターのような愛」は
単に緩急に富んでいて楽しいだけではなく
真剣さ、切迫した感情の高ぶりが
ちゃんと伴っていると思います。
貴方が限りなく真剣だからこそ
その愛は、キラキラと輝くのだろうと思います。

2017/5/29-6/4 蠍座の空模様

手品みたいなことができるときです。
生産性よりも新鮮さ、
安心よりも驚き、
安定よりもインパクト

なぜか、必要になるかもしれません。
はっとみんなが振り向くようなことが
流れを変える力を持っているようです。


私たちは常に安心で安全な
傷つくことのない環境を求めている、ようですが
その一方でどこまでも
「おどろき」
を求め続けている生きものでもあると思います。
はっとしたい、びっくりさせられたい、
おおお!と大きな声でリアクションしたい
という衝動が胸の中にあって、
驚くようなものをいつも、探しているのかもしれません。


「驚き」と「感動」はとても近いところにあって
私たちの命を活性化させる力を持っているように思われます。
よどんだ空気や倦怠感、全てに飽きてしまった心に
びりびりっと走る感覚が覚せいを促し
そこから、貴方の日常や、人間関係や、愛が
変化していくのかもしれません。

2017/5/29-6/4 天秤座の空模様

ある人に久しぶりに会ったら、
以前とはまるで違う印象を受けたので、思わず
「変わったね!」
と言ったところ、相手は
「あなたのおかげだよ!」
と返してくるかもしれません。
あるいは
「あなたのためだよ」と言うかもしれません。


人と人とが影響を与え合い、
お互いに変え合っていくことがあるのは
神秘的でもあり、愉快なことでもあります。
そんなプロセスがおそらく2月ごろから
断続的に展開していたのではないかと思うのですが
そのクライマックスが今週から来週におかれています。

貴方が相手の変貌に驚いたのと同じくらい
相手も、貴方の変化に驚いているのかもしれません。
それを伝えあうこともまた
神秘的な体験と言えるだろうと思います。

2017/5/29-6/4 乙女座の空模様

誰かがゲームをやっているのをそばで見ていて
どうしても自分でもやってみたくなって
思わず、その人の手にあるコントローラーを奪い取って、
自分がゲームを進めてしまったら、
どうなるでしょうか。
コントローラーを奪われた相手の顔に目をやると
起こっているかと思いきや
なんと、ニヤニヤとうれしそうに
こちらを見ているではありませんか!

今週もしかすると
上記のようなことが起こるかもしれません。
いわゆる「一緒にやろうよ!」というような
ストレートなお誘いではなく
こちらから思わず手を伸ばしたくなるような
巧妙な「誘導」に出会うのではないかと思うのです。
相手は貴方の心に兆している望みを読み取って、
その望みに働きかけてくる、
ということなのだろうと思います。
ただストレートに誘われても動けなかったのに
こういうやり方なら確かに、動けるなあ
と感心してしまうような
面白い「入口」に出会うかもしれません。

2017/5/29-6/4 獅子座の空模様

「行かなければならないところ」
ではないところに、
いくべきなのかもしれません。
公園、散歩、宇宙旅行、タイムトラベルなど
本当に行く必要があるか、と考えると
決して、そうではありません。
そういうところに行くのは、
用事があるからとか、責任を果たすためとかではなく
もっと別の「ねばならない」が存在するからです。

ゲームを楽しんでいる人に
「もっとためになることをしたら?」
と勧める人がいますが
「ためになること」の「ため」とは一体何かと考えると
けっこう、よくわからなくなっていきます。
ゲームなどせずに勉強したり、仕事に役立つ情報を集めたりして
もっと社会的にえらく、たくさん儲かる人になる
ということが「ためになる」なのかもしれませんが
じゃあ、えらくなって、もうかったとき
その権力や財力を何に使うのか
と考えると
「世のため人のため」なのでしょうか。
「もっとためになること」が「自分以外の人の幸せのためになること」
なのであれば
自分のためには、なにもできないことになります。
ゲームであれ何であれ、生きている時間の一部を心から楽しむ
ということは、
第三者の目には「無駄」に見えるかもしれませんが
自分の人生=与えられた時間を自ら生きる
という観点に立てば
ちっとも、捨てたものでないように思われます。
もちろん、ゲームをして遊んだ時間を後で振り返って
「もっと勉強しておけばよかった!」と
わがこととして後悔したことがある人は、少なくないでしょう。
その場合はたぶん「ためになる」ことをしたほうが
よかったのかもしれません。

私たちの「人生の要請」に従って生きようとするとき、
「人生の要請」は
第三者から「ためになる」と思われるようなこともあれば
ただひたすら楽しみに熱中する、といったこともあって
両者は、優劣をつけられるようなものではなく
全く平等なことだろうと思います。
月に行こうとするのも
海を見に行きたくなるのも
それ自体が「何のためになるのか」と考えると
なんでもないわけですが
私たちの人生がそれを要請したときには
限りなく大きな意味を持ちます。

そんな「人生の要請」に従う、という意味で
「行くべきところ」に
今週、獅子座の人々は足を運ぶことになるのではないか、と思いました。

2017/5/29-6/4 蟹座の空模様

やりたいことをやるために、
ちょっと「無理を通す」ようなことも
必要になるかもしれません。
人に迷惑をかけることや
人から迷惑をかけられることは
一般には忌避され、否定されますが
場合によってはそれこそが大切な「契機」となったり
人に居場所や役割を与えることになったりもします。
迷惑をかけたり、かけられたりすることから
新しいミッションがスタートすることだってあります。

今週、ずっと頑張ってきたことが意外な形で「ブレイク」したり、
とても面白い展開につながったりするかもしれません。
そこでは、ある種の過剰さとか
上記のような「迷惑」「無理」も、
新しい意味を持って現れてくるようです。
いいものにもわるいところがあり、
わるいものにも、けっこうやくにたつところがある
というほうが、リアルなのではないでしょうか。
現実の中から、
キラキラ光るすてきないいものが立ち上がったとき
それをよく見ると、
普段はみんなから嫌がられているものだった
ということだって
たぶん、あるんだろうと思います。

2017/5/29-6/4 双子座の空模様

「他者と関わるときに使える力」には、
どんなものがあるだろう、と思います。
私たちはみんなそれぞれに独特の魅力を持っていて、
まずはそれが一つの「使える力」と言えるでしょう。
さらには、話術や機知、表情の豊かさ、笑顔のきらめき、
迫力や威厳、威圧感、重厚感、趣味の多さ、
声の大きさや美しさ、動作の優雅さ、
中には経済力や学歴、職歴、パートナーの肩書、居住地などを
「人とかかわる時の力」として使うことも
たまには必要になることがあるのかもしれません。

普段使っている力にくわえ
かつて使ったことのない新しい力も総動員して
この時期、貴方は誰かと「真剣勝負」しているようです。
すでに4月下旬からずっとその状態にある人も少なくないと思いますが
その場合も来週には、「真剣勝負」が一段落するはずです。
ゆえに今週はその最後のクライマックスのような、
「ピーク・山場」のようなタイミングと言えます。

全ての力を惜しみなく使った時
大きな扉が開く可能性があります。
「力」には、それ自体に良し悪しはありません。
その力を「どう使うか」というところに
美しさや醜さが表れる、ということなのだろうと思います。

2017/5/29-6/4 牡牛座の空模様

アダムとイブの物語や、狂言の「附子」、
浦島太郎の玉手箱のお話、「鶴の恩返し」など、
「けっしてこれこれをしてはいけないよ」
と戒められているのに
人間がつい、その魅力に惹きつけられて
戒めを破ってしまう
という物語はたくさんあります。
たいていは困ったことになるのですが、
中には「戒めを破らなければ物語自体が始まらない」場合もあります。
まるでワナのように、
「破るために作られたルール」が
物語の入り口に置かれていて
主人公と読み手をおびき寄せるのです。

たぶん、私たちの生活の中にも
「ルールを飛び越えて見ないとわからないこと」が
時々、あるのかもしれません。
たとえばその典型が「反抗期」ですが、
決められたこと、正しいとされていることに対して
自力で対抗してみて初めて
一つ成長できる
という場面が、人生の中では何度か、あるのではないでしょうか。
幼いころから一切のルールや言いつけを破ることなく生きた人の中には
そうした生き方を深く悔やんでいる人も、少なくないようです。


もちろん、法律などのルールを破るのはよくないことですが
私たちはめいめいに、
起きる時間から食べ物、着るものや出かけていく場所を含め
無意識のうちに無数のルールを作って、その中で生きています。
今週はそのうちのいくつかに、
敢えて「反抗してみる」ことになるのかもしれません。
仙人や魔女、大人たちの言いつけをあえて破ってみたとき
新しい物語が始まるのかもしれません。

2017/5/29-6/4 牡羊座の空模様

思いきり弾けておきたい!
という気持ちになるかもしれません。
手加減なしの遊び心、
心の中に花火が打ちあがるようなエネルギーを
思い切って解放してみよう!
という思いがわいてきそうです。
楽しいこと、面白そうなことの方に
まよわずどんどん向かっていく「陽気さ」が
この週を支配しているでしょう。

2月ごろから、楽しさや明るさがさまざまに貴方の世界を照らしていたものの、
それがなぜかストレートに流れださないためにかえって苛立ったり
もどかしい場面も少なくなかったかもしれません。
でも、今週は不思議と
「リミッターが外れる」ような、
ためらわずに枠の外にはみ出せるような勇気が
貴方の胸に湧いてくるようです。
楽しさを「ブレイク」させたときに
ずっと見たかった景色が見えるかもしれません。