読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
石井ゆかり@筋トレの週報です。
『星読み』もよろしく!

2017/4/24-4/30 全体の空模様

こんにちは、石井ゆかりです。

いよいよ、混乱の四月も終盤にさしかかり、
少しずつですが「先が見えてくる」感じがあるでしょうか。
今週も先週に引き続き、
星の動きがけっこう慌ただしい雰囲気があります。
まず、26日に牡牛座で新月が起こります。
この新月は金星の位置取りもあって、
不思議な「広がり」が感じられる節目となっています。
新月は「スタート」のタイミングなのですが
ここで始まることは、時間が経つほどに
バリエーションに富んだ展開になっていくのでは、
という感じがあるのです。


逆行中の水星は依然、
火星とミューチュアル・リセプションを形成しつつ、
天王星と重なりにいきます。
ここは非常に破天荒というか、
あまり後先考えないような激しい反骨精神を感じさせます。
牡羊座はもとより、
双子座もけっこう「荒ぶる」ところのある星座で、
暴風のような「嵐」とか、
あるいは「破壊力」のようなものを秘めています。
ここでの水星・火星・天王星の位置関係には
若者の興奮のような、純粋で留まることを知らないエネルギー、
着地点など考えていないような跳躍力などを感じさせます。
「破壊力」「荒ぶるもの」などというと
何か怖ろしい感じを抱く人もいるかもしれませんが、
ここでは、言わば「発散する」ことがテーマとなっている、
ということなのかもしれません。
私たちはわりと、自分の怒りや激しいネガティブな感情に
「気づいていない」部分があります。
なので、そういうものが外に表れたとき
誰よりも自分自身が一番びっくりする
みたいなことがあるわけですが、
ある種の破壊力や戦意などは、
小出しにすることも大事なのだろうと思います。
この形は5月16日に水星が牡牛座入りするまで続いていきます。
この間、多くの人が、自分の中の怒りや激しい情念を
外の世界に向かって投げつけていく、といった経験をするのではないかと思います。


28日には金星が再度、牡羊座に入ります。
2月4日に一度牡羊座入りして、
その後逆行の末に4月3日に魚座に戻っていた金星が、
もう一度牡羊座に入って、6月頭までをかけて通り抜けます。
2月から3月にかけて展開していた恋愛や経済面でのドラマが
この28日から6月6日にかけて、びしっと
「展開しきっていく」みたいなイメージです。

フレッシュさと、ちょっとした荒っぽさと。
春の嵐!みたいな感じもありますが、
あくまで、初々しい生命力の発露であり、
「これから」に面白い形で繋がっていく、
ちょっとイレギュラーなエネルギーが感じられる週だなと思います。

今週はそんな感じです。

      • -

大ボリュームの占いコンテンツが読める『石井ゆかりの星読み』もよろしく!
http://star.cocoloni.jp/campaign.cgi?cpno=1300763876